■PROFILE

Vivi

  • author: Vivi
  • 無類の駅伝好き
    某大学のヒンディー語専攻3年。それなりのインド好き。アマルティア・センに傾倒中。
    現在は部活も隠居して一人マラソンの生活。
    《自己ベスト》
    恥ずかしながら…
    (1000m:2'43"8…2005年)
    1500m:4'09"41…2005年
    (2000m:5'57"3…2005年)
    (3000m:8'59"06…2005年)
    5000m:15'48"9…2002年
    10000m:33'55"…2002年
    3000mSC:9'35"30…2002年
    ハーフ:1゜18'04"…2004年
    30km:1゜56'04"…2002年


  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    11大戦
    種目:1500m

    <予選>
    今までの1500mで最も避けたいパターンだった。1000m付近まで超スローペースで、通過が2'56"。まるで3000mか早くぶっこんだ5000mぐらいのペースだよ、おいおい。レースが動いたのは1000m過ぎ。ここから一斉に急加速して、ラストの1周が61~62"というおかしい展開だった。後半の500mが78"なんて…おかげで余裕を残すどころではなかった。こんなレース2度としたくねぇ…。

    72"-2'22"(70")-3'28"(66")-4'14"(46")
    1組目6位、+4の枠で予選通過。

    <決勝>
    さすがに予選と同じレースなわけがない。とはいえども、みんなスパート合戦で疲弊しているはずなので(もちろん俺自身も)、少しは勝負に絡めるかな?と淡い期待も持っていた。久々にチタンテープなるものを装備し、完全な戦闘モードになった。

    スタートと同時に位置取りのために格闘が始まった。しのぎを削るとはまさにこのこと。見えないところで結構小競り合いをしていた。1周目は65"だったので後方に控えていたために、500m付近で前の集団の足がもつれるアクシデントにも巻き込まれずにすんだ。しかし2周目はややペースが落ちたのか集団が一気に固まり、たまらず前へ上がってしまった。戦闘に出ようかと迷ったときに後ろから軽快な足音が近づいていたので、2列目に身をおいた。ここまでは計算通りの展開。あとは、スパートのタイミングだけなのだが、やはり根本的な走力の差がラスト1周でモロに現れてしまった。4'10"を切れるか切れないかはここの差なのだろう。もっと練習しなければ4'一ケタには届かないようだ。

    65"-2'13"(68")-3'19"(66")-4'11"15

    それでもレース運び自体は絶妙だったので、4分10秒を切れなかった悔しさもそこそこに自己記録を1秒上回ったことには、正直に喜びたい。
    スポンサーサイト


    りくじょう | 13:49:12| Trackback(0)| Comments(2)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。