■PROFILE

Vivi

  • author: Vivi
  • 無類の駅伝好き
    某大学のヒンディー語専攻3年。それなりのインド好き。アマルティア・センに傾倒中。
    現在は部活も隠居して一人マラソンの生活。
    《自己ベスト》
    恥ずかしながら…
    (1000m:2'43"8…2005年)
    1500m:4'09"41…2005年
    (2000m:5'57"3…2005年)
    (3000m:8'59"06…2005年)
    5000m:15'48"9…2002年
    10000m:33'55"…2002年
    3000mSC:9'35"30…2002年
    ハーフ:1゜18'04"…2004年
    30km:1゜56'04"…2002年


  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    意地を見せんかい!!
    3日は、最後の対校戦だった。
    この日は1500mと5000mにエントリーしていたが、今回は5000mに照準を絞った。小生は1日に1種目しかまともに走れないのである。

    3'09"0-6'17"1(3'08"1)-9'24"8(3'07"7)-12'40"0(3'15"2)-15'56"14(3'16"1)

    と、なんと3年ぶりの15分台!!
    大学に入って、一向に伸びなかった5000mでようやく結果を出せた。レース展開がいまいちなだけに、ほぼ一人で走ってこの記録が出せたことが素直に嬉しい。おかげで、打ち上げのお酒もおいしく飲めた。
    …といいながら、3、4回リバースしちゃったけど、それはおいておこう。

    レース中はこんな精神状態


    最初はカラダがあったまっていない感じだったので、序盤はアップっぽく様子を見ようと先頭にぴったりついてたら、3'10"切りくらいのくせに先頭が1000mも行かずしてペースダウンしているので、たまらず先頭へ。そのあたりから、エンジンがかかりだしたので、ちょっとずつペースアップ。K里のエース以外ついてくるやつはいない。3000mまで75"前後のリズムで押し通し、今までにない足取りで3000mを通過。最初が遅かったわりに、9'25"での通過でも疲れそのものは感じなかった……とはいうものの、鬼門の3000→4000mでやはりペースダウン。3'15"付近でのリズムが一度染み付くと、上げようがない。そのままいけば15'50"ちょいだから、いけるじゃん。とか思って4000mを通過したときに、両の腕が動かなくなってきた。中距離とかで起こす腕の麻痺が5000mで起こるとは…とここの2周のラップが80"に落っこちた。正直ラスト1周で14'40"と見えたときに焦った。ここまで来て16分かかったら、エースの名が廃るわ!と無理矢理腕を動かして、なんとかゴール。4400mくらいまで、先頭を独走してたのに、最後抜かれたときについていく気力がなかった。そこだけで、10数秒話されたのだから、しょうがない。と言わせてほしい。
    俺は1位になれない星の下に生まれたのか?と言わんばかりのレース展開だったけれど、命題の一つであった15分台もクリアした。あとは、未知の領域である、サブ3ランナーに挑戦あるのみ。

    スポンサーサイト


    りくじょう | 20:27:26| Trackback(0)| Comments(2)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。