■PROFILE

Vivi

  • author: Vivi
  • 無類の駅伝好き
    某大学のヒンディー語専攻3年。それなりのインド好き。アマルティア・センに傾倒中。
    現在は部活も隠居して一人マラソンの生活。
    《自己ベスト》
    恥ずかしながら…
    (1000m:2'43"8…2005年)
    1500m:4'09"41…2005年
    (2000m:5'57"3…2005年)
    (3000m:8'59"06…2005年)
    5000m:15'48"9…2002年
    10000m:33'55"…2002年
    3000mSC:9'35"30…2002年
    ハーフ:1゜18'04"…2004年
    30km:1゜56'04"…2002年


  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    高校駅伝観戦記
    高校駅伝埼玉県予選

    3年前自分も僭越ながら3区を走った。今の母校の彼らを見ているとあの時は本当に駅伝一筋に生きていたんだなぁ、と思い返す。今年の我が校は関東も十分狙えるほどの戦力で、15分台の人間も約半数だ。うちらが3年の時よりも格段にレベルが高い。当時の自分だったら、きっとつなぎの3km区間か、補欠がいいとこだろうな。
    レースは終始埼玉栄がトップだったが、今年は農大三校が40~50秒差のまま追撃を見せてくれた。その2校からだいぶ遅れて、ようやく3位の学校がきた。うちはというと、1区がいい順位で襷を渡し、最後の最後まで関東出場争いの集団から20秒のところを追いかける展開となっていた。直線道路では見えているだけに、歯がゆい。後半で6位とは40秒差になってしまったが、8位という久しぶりの一桁順位でゴールしたことに感銘を受けた。そして、その結果に「悔しい」と皆が言っていたところに、来年への明るい兆しを感じた。今年は3年生が2人残り、彼らは大きな戦力であったが、今の2年生が来年どれだけ残ってくれるか…それによっては、関東出場もぐっと近づいてくるだろう。
    今週は自分も5000mで記録に挑むので、自分も負けられない。
    スポンサーサイト


    りくじょう | 22:02:55| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。