■PROFILE

Vivi

  • author: Vivi
  • 無類の駅伝好き
    某大学のヒンディー語専攻3年。それなりのインド好き。アマルティア・センに傾倒中。
    現在は部活も隠居して一人マラソンの生活。
    《自己ベスト》
    恥ずかしながら…
    (1000m:2'43"8…2005年)
    1500m:4'09"41…2005年
    (2000m:5'57"3…2005年)
    (3000m:8'59"06…2005年)
    5000m:15'48"9…2002年
    10000m:33'55"…2002年
    3000mSC:9'35"30…2002年
    ハーフ:1゜18'04"…2004年
    30km:1゜56'04"…2002年


  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    最後の追い込み
    メニュー:3000m+1000mレペ(R=10')

    3000m
    3'05-6'13(3'08)-9'17(3'04)

    1000m
    31-63-1'37(66)-2'43"8(66) …自己Best!

    とまあ、大阪戦を前に最後の追い込みをかけた。3000mも75"前後をキープして、最後だけちょっと上げてみた。んなわけで、この調子で行ければ、ちょっと余裕を残しつつ9'20"くらいで3000mを通過して後半2000mの戦いへといけるわけだ。残りの2000mを6'20"でカバーすれば、15'40"…そんな風に走れたらの字である。しかし、レストが10分で足も疲れ気味だったはずなのに、1000mではここにきて自身初の2'43"台をたたき出した。最後は頭が酸欠状態で真っ白になりつつあったけど、それでも、最後まで66"をキープできたのは、夏前にはなかったパフォーマンスである。1500mも2'45"で通過してもそこで力尽きることはなさそうだ。
    ようやくというか、やっとDDと対等に一騎打ちをすることができそうだ。
    スポンサーサイト


    りくじょう | 21:11:14| Trackback(0)| Comments(2)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。