■PROFILE

Vivi

  • author: Vivi
  • 無類の駅伝好き
    某大学のヒンディー語専攻3年。それなりのインド好き。アマルティア・センに傾倒中。
    現在は部活も隠居して一人マラソンの生活。
    《自己ベスト》
    恥ずかしながら…
    (1000m:2'43"8…2005年)
    1500m:4'09"41…2005年
    (2000m:5'57"3…2005年)
    (3000m:8'59"06…2005年)
    5000m:15'48"9…2002年
    10000m:33'55"…2002年
    3000mSC:9'35"30…2002年
    ハーフ:1゜18'04"…2004年
    30km:1゜56'04"…2002年


  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    出雲駅伝
    大学三大駅伝の序章、出雲駅伝が今日あった。全6区間44.0kmのスピード駅伝として有名である。この駅伝では5000mのタイムが一つの指標になってくるのだが、どの人も14分前半とか人によっては13分台もいる。「今の自分-2分」の世界など想像もつかないスピードだ。
    昨年までで2連覇中の日大を筆頭に、東海大、駒沢大などの箱根でも有力なところが下馬評では有利とされていた。

    1区では珍しく(大会初らしい)アメリカのIVYリーグ選抜の選手が区間賞を獲得し、3区では、混戦の中で第一工大がトップで襷を渡すなど、本当に目まぐるしく順位が入れ替わっていったので、見ていながら一喜一憂していた。個人的には東海大と日大が好きなので、この2校で争ってくれることを期待していたら、東海大アンカーの伊達が、ものすごい走りで初優勝をもたらした。本当に伊達は東海大に入ってから絶好調だ。

    こういう駅伝やレベルの高いレースを見ていると、一流大学の選手のフォームとか向かい風の中の駆け引きとかで勉強させられるものが多い。自分も「また明日からしっかり練習をがんばろう」という気持ちにさせられた。
    スポンサーサイト


    りくじょう | 16:53:44| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。