FC2ブログ
■PROFILE

Vivi

  • author: Vivi
  • 無類の駅伝好き
    某大学のヒンディー語専攻3年。それなりのインド好き。アマルティア・センに傾倒中。
    現在は部活も隠居して一人マラソンの生活。
    《自己ベスト》
    恥ずかしながら…
    (1000m:2'43"8…2005年)
    1500m:4'09"41…2005年
    (2000m:5'57"3…2005年)
    (3000m:8'59"06…2005年)
    5000m:15'48"9…2002年
    10000m:33'55"…2002年
    3000mSC:9'35"30…2002年
    ハーフ:1゜18'04"…2004年
    30km:1゜56'04"…2002年


  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    記録会・第3幕
    第3幕・8分台の称号

    神は我を見捨てず。
    天候:少雨、気温17℃という絶好の気象条件下で、ついに悲願の8分台を出すことができた。水曜日にも同じことを思ったのだが、今日も思った。
    「こんな条件で記録が出せなかったら学生中に、というか一生8分台は無理じゃないか…」

    1000mごとのlap
    2'55"5-5'58"2(3'02"7)-8'59"06(3'00"8)

    本人による回想はこちら

    設定としては、1周70~72"をキープし続けて、2000mを5'55"で通過できれば8分台は堅い、と思っていた。

    スタートは予想通りの67"前後で先頭が通過。自分は集団の中で70"弱である。この調子ならずっと引っ張ってもらえそうだ…と思っているうちに、先頭集団と自分のいる第2集団が分断され始めたのでちょっと前へと位置を上げる。これでも70"をキープしているだけなのだが、周りが鈍り始めたようだ。そのまま1000mを2'55、1200mを3'30"と落ちていく人をかわしつつ機械のごとく70"を維持していた。このあたりから、72"でも大丈夫かな…と気を緩めたために、1500mを4'25"、2000mを5'58"と余裕がなくなってしまった。
    残りの1000mで3'02"を切らねば!と自分自身に「ここの600mを我慢我慢…」と言い聞かせつつ粘ってみたものの、2400mの通過が7'13"(75"/lap)であった。これはヤバイ…とギアの切り替えを試みるもあまり上がった感じがしない。そうこうしているうちに、ラスト1周を迎えて、2600mの通過タイムが7'51~52"。つまりはラスト1周を68"以内で回る必要があった。賭けのつもりでスパート開始。2800mのところで、時計に目をやると、8'24,5"…残り200mを35,6"で行けばダイジョウブ!と思いつつもラストの直線に入ったところでまた時計に目をやった。ここで8'42"という数字が目に入ってきて焦った。「上がってないじゃん!」と、残りの1%も残さないつもりの必死のスパート。
    滑り込みの8分台であった。結局最後の1周は67"だろうか?最後これだけ上げられたのは今までにないレースパターンだ。

    「出ました。8分台」とだけ打って、メーリスを流したら4人もリアクションしてくれた。感謝感謝ですm(_ _)m

    今日も単身での記録会だったので、わがやにて先ほどギネスビールを2本空けた。最近お酒も断っていたので、久しぶりのギネスは格段にうまかった。

    スポンサーサイト


    りくじょう | 20:33:15| Trackback(0)| Comments(2)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。