FC2ブログ
■PROFILE

Vivi

  • author: Vivi
  • 無類の駅伝好き
    某大学のヒンディー語専攻3年。それなりのインド好き。アマルティア・センに傾倒中。
    現在は部活も隠居して一人マラソンの生活。
    《自己ベスト》
    恥ずかしながら…
    (1000m:2'43"8…2005年)
    1500m:4'09"41…2005年
    (2000m:5'57"3…2005年)
    (3000m:8'59"06…2005年)
    5000m:15'48"9…2002年
    10000m:33'55"…2002年
    3000mSC:9'35"30…2002年
    ハーフ:1゜18'04"…2004年
    30km:1゜56'04"…2002年


  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    記録会・第2幕
    第2幕・敵は己の中に在りて…

    今週は東海大にて5000m。またしても、単身でのレース出場となった。ここでは、S都大とかT工大とかが17分切りを目指して、一斉出場していた。箱根予選会を狙っている学校がちょっと(かなりか…)うらやましく思った。

    1000mごとのlap
    3'04"7-
    6'18"0(3'13"3)-
    9'35"2(3'17"2)-
    12'50"8(3'15"5)-
    16'17"0(3'26"2)
    気温:26℃、湿度55~60%?


    スタート前は、2000か3000くらいまで集団の後方でラクについていこうと心に決めていたのに、1周目から75"(36"-39")かかっていて、且つ次の周で80"近くになりそうな勢いだったので、600m過ぎからずっと一人旅になってしまった。後ろ数mのところに後続はいるものの、78"/周で刻み続けながら差が縮まることもなく、4000m付近まできてしまった。3000mの通過までにあまり時計を見ないで走っていたので、予想以上にペースが落ちていてビックリ。残りの2000mを6'25"でいかないと!と瞬時に計算したものの、3'15"-3'10"で行くしか現実的に無理と直感した。4000mの通過はいつもとは逆に3'17"から3'15"に上げられたのだが、そこから急に集中が途切れ、ペースダウン。あわや、16'20"のところまで落ちた。

    気候のせいかといえばそうでもなく、調子が悪かったかというと、決して良い状態ではないけどそこまで落ちる理由もない…。以外に遅い組でずっと一人でペースを作っていたから、最後死んだともいえるけど、そんなのもただの言い訳に過ぎない。唯一思い当たる節があるとしたら、ここしばらくの練習で限界の境界線を手前に引いてしまう傾向にあったことだろうか?それでもって9月の練習の消化率があまり良くなかったように思える。

    今日は怠慢な自分に負けた。そんなレースだった。

    スポンサーサイト


    つれづれなること | 18:33:59| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。