■PROFILE

Vivi

  • author: Vivi
  • 無類の駅伝好き
    某大学のヒンディー語専攻3年。それなりのインド好き。アマルティア・センに傾倒中。
    現在は部活も隠居して一人マラソンの生活。
    《自己ベスト》
    恥ずかしながら…
    (1000m:2'43"8…2005年)
    1500m:4'09"41…2005年
    (2000m:5'57"3…2005年)
    (3000m:8'59"06…2005年)
    5000m:15'48"9…2002年
    10000m:33'55"…2002年
    3000mSC:9'35"30…2002年
    ハーフ:1゜18'04"…2004年
    30km:1゜56'04"…2002年


  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
    ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    2日目
    開始早々から男子100mをさかんに宣伝していたが、別のサイトでタイムテーブルがわかってたので、さっさと寝た。今朝ずっとビデオを見ていたのだが5時間相当の番組が、半分以下の時間ですんだのだから、いかに余計なものが多いかがわかる。

    種目:女子100m1,2次予選、男子100m準決、決勝、男子400mH、女子400m予選、女子800m準決、などなど

    なんかヘルシンキのトラックレースは、スタート前でもフィールドの歓声でスタートしにくいような印象を受けるが、投擲王国のお国柄なのだろうか?そんななかで100mを走れる集中力は、さすが一流選手といいたい。

    結果は別のサイトとかでたくさん見られるので別にいっか…
    ↓個人的見解

    男子100mはガトリンがダントツだった。いろいろな伏兵もいただろうに、圧倒的な強さを見せ付けてくれた。これぞ世界最強だ。朝っぱらからテンションが高くなってしまった。
    400mHの準決も為末がタイムで拾われてくれた。すっきりはしない決勝進出だろうけど、せっかく得たチャンスなんだから何かしらやってくれそうな期待をしてしまう。
    女子400mの丹野は自己ベストに届かないといっても52"80なんだから、安定して51"台が出るようになったらひょっとすると2年後の大阪や北京あたりでブレイクするんじゃないだろうか?なんて織田みたいなことを言ってみたりもする。

    そんな盛り上がりを見せている2日目だが、個人的に頭にきたののは、男子3000mSCの予選がなかったのだろうか?確か2日目だったはずなんだけど…部活後にもう一度ビデオ回してみよ。別にサンショー大好き人間の不満というだけではないが、どうも織田好みの種目ばかり余計なVTRを入れて他の種目を均等に見られないのが腹立たしい。

    スポンサーサイト


    世界陸上 | 08:22:39| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。